映画「響」主演・平手友梨奈の評判と演技〜その魅力と感想を語る〜

2018年9月14日、いよいよ公開された話題の映画「響 -HIBIKI- 」。

本記事では、「響 -HIBIKI- 」で主演を務める欅坂46の平手友梨奈さんの評判、演技について、そして平手さんの魅力について、徹底的に語りたいと思います!

スポンサーリンク

「響 -HIBIKI- 」ってどんな映画?

映画「響 -HIBIKI- 」公式サイト

映画「響 -HIBIKI- 」は、柳本光晴(ミハル)さんの漫画「響~小説家になる方法~」の実写作品です。

監督は「君の膵臓をたべたい」でヒットを飛ばした月川翔監督。

原作となる漫画「響」は、2014年からビッグコミックスペリオールで連載されている人気漫画で、「マンガ大賞2017」大賞も受賞している話題の作品です。

「響 -HIBIKI- 」のあらすじ

不況に苦しむ文学界に現れた15歳の少女・鮎喰響(あくいひびき)が、類まれな才能とルール無視の破天荒な言動と行動で活躍する物語。

出版、特に文芸の世界は斜陽とまでは言いませんが、停滞していて古い世代の考え方や慣習に縛られている業界の代表ともいえます。

その構造は、今の日本の不況や老害問題(無難なことしかしない、新しいものに冷たく出る杭を打つ)にも重なります。

世間の常識や建前に囚われず自分の信じる生き方を絶対に曲げない少女。

そんな主人公・響が、旧態依然とした文学界革命を起こし次々に破壊していく痛快さが魅力の一つです。

映画「響」のキャスト

主人公・響を演じるのは、映画初出演にして初主演となる欅坂46の平手友梨奈さん。

脇を固める俳優陣も、北川景子、小栗旬、高嶋政伸、柳楽優弥といった超豪華布陣。

主人公・響の活躍はもちろん、その圧倒的才能とクレイジーな様に、動かされるもの、反発するもの。周りの人々の心の葛藤を描いた人間ドラマも見逃せません。

恋愛ものや日常系、懐古物が多い最近の映画の中では、10代の若者が旧体制を突き上げる久々に痛快かつストレートなロック&革命系映画だと思います。

「響 -HIBIKI- 」の主題歌

主題歌は、平手さんのソロ曲!タイトルは「角を曲がる」。

作詞は秋元康、作曲は欅坂46に数々の名曲を提供しているナスカが担当。(ファンが喜ぶ声がツイートを賑わせてましたね

あわせて読みたい
ナスカ作曲の「エキセントリック」を分析した記事
>>>「欅坂46「エキセントリック」が名曲である理由~歌詞とその世界観を考察する~」 

「響 -HIBIKI- 」の興行収入

9/14公開初日は、約25,000席を売上げてデイリーランキングは3位に!

現役アイドルの初主演作品としては、上々の滑り出しではないでしょうか。

女優・平手友梨奈の演技と評判

映画「響 -HIBIKI- 」公式サイト

映画「響 -HIBIKI- 」で主演をつとめる平手友梨奈さんは、今作が映画初出演。

過去に欅坂46メンバーで出演したドラマは2作品あり、いずれもメインとなる役柄を演じていますが、映画での演技は初めてとなります。

(平手友梨奈さんのドラマ出演作)

  • 徳山大五郎を誰が殺したか?(2016年テレビ東京) – 平手友梨奈 役
  • 残酷な観客達(2017年日本テレビ) – 葉山ゆずき 役

残酷な観客達については「ドラマ「残酷な観客達」を考察してみよう。欅坂46」も是非ご覧くださいね。

これまで出演したドラマは欅坂46ありきの企画で、役柄も少しエキセントリックで演技力が強く要求されるものではありませんでしたが、それでも平手さんはかなりの存在感を発揮していたのが印象的。

映画「響 -HIBIKI- 」のキャスティングが発表された時も、平手さんがどんな演技を見せるのか話題になりました。

以下は、公開前の先行試写会に参加された方々の感想です。

ミュージシャンや声優の方から高い評価を得ているようです。

そしてこんな方々も・・・

また辛口で知られる映画・音楽ジャーナリストの宇野維正さんは

というように総じて高評価。

他にも作家でありアイドル評論家の中森明夫さんもこう語っています。

「10代の若い世代で、天才少女を演じられる女優はそうはいません。平手が天才かどうかはさておき、確実に言えるのは、絶大なカリスマ性の持ち主であるということ。
   〜中略〜
これは、角川映画の『野性の証明』(78年)でデビューした薬師丸ひろ子に匹敵する衝撃であり、漫画の実写化でいえば『愛と誠』(74年)で難役といわれた大賀誠を我が物にした西城秀樹以来の衝撃ともいえるでしょう」

出典:日刊ゲンダイhttps://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/236987/2

もちろん宣伝のための先行試写会なので、そんなネガティブな評判は表に出てこないと思いますが、それにしても絶賛の嵐ですね。

ただ、この評価がイコール=平手さんの演技力の高さという訳ではなさそうです。

漫画原作のファンなら周知の通り、作者の柳本光晴さんは大の欅坂46ファン。

響を描いている時に平手さんを見て彼女こそ主人公・鮎喰響だと感じて、原作も平手さんをイメージして描いたとも言われています。

よって、この作品も過去の出演ドラマと同様にある意味では平手友梨奈さんありきの映画とも言えることから、平手さん自身(あるいはパブリックイメージ)と役柄のシンクロ率が高かったからこその高評価と言えます。

だからテクニカルな意味での演技力はそれほど必要としなかったかもしれませんし、平手さん自身も「役にあっていた」「演技をしている感覚ではなかった」と語っています。

よって、「この作品で女優・平手友梨奈としての演技力の評価をすることはできない」という人もいます。

でも個人的には、そんなことはどうでもいい!と感じています。

なぜなら平手さんは、役に合わせて演じなくても、彼女に合った役柄を作品ごと引き寄せてしまうからです。

今後きっと作品内容を変更してまで彼女に合わせて作品を作る、ということも起こりうるでしょう。

そういう意味で彼女は主役しか演じられない女優かもしれません。

しかし、それこそが平手さんの最大の魅力であり凄さなのだと思います。

欅坂46・平手友梨奈の魅力

女優としての平手友梨奈さんの魅力を理解する上で、欅坂46としての平手友梨奈さんを知ることは欠かすことができません。

欅坂46の平手友梨奈を知ることで、より一層映画を楽しむことができると思いますので是非この後の紹介もご覧ください。

なぜなら映画「響 -HIBIKI- 」での評判にも合ったように、主人公・鮎喰響の役柄と欅坂46及び平手さんのパブリックイメージがあまりにも一致しているからです。

映画で初めて平手さんに興味を持ったという方は、ぜひ欅坂46というグループとそのセンターである平手友梨奈さんについても知ってくださいね。

平手友梨奈さんのプロフィール

愛称:てち、ひーちゃん
生年月日:2001年6月25日
血液型:O型
身長:163cm
※デビュー当時のプロフィールのため、現在は170cm近くあるそうです
特技:バスケットボール、バレエ

中学時代、何か目標に向かって頑張りたいと思っていたところ、乃木坂46のファンだったお兄さんに勧められた、自分を変えるため欅坂46の1期生オーディションに応募する。

そして、2015年オーディションに見事合格。

2016年4月、欅坂46の1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビューし、センターを務める。

その後、7作連続でセンターを務めており、まさにグループの顔として活躍しています。

平手友梨奈さんの魅力とは?

©2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会
©柳本光晴/小学館 ビッグコミックスペリオール
©ANIMAREAL / ICHI

デビュー当時から、意志の強い鋭い眼光、しなやかな身体能力、少しミステリアスな雰囲気など

新人とは思えないオーラをまとっており、特にその表現力は従来のアイドルファンだけでなく様々な層から注目を集めました。

(1stシングル「サイレントマジョリティー」は本当に衝撃的でした

その後もシングルが発売されるたびに、ミュージックビデオやTVでの平手さんのパフォーマンスは話題に。(ビジュアル的にも長身、ショートカット、三白眼とマンガのような主人公感

大人たちへの反抗や若者の孤独などをテーマにした歌詞の世界観と相まって、ライブ中はロックスターのような佇まいもあり、10代の少女であるにもかかわらずカリスマ性すら感じさせます。

(でも趣味は、お笑い番組を観ることという普通の10代の側面もあり、バラエティ番組では可愛らしい笑顔がまた魅力的!

またライブ中に曲の世界にのめり込んでしまうあまりに、違う曲になった時に気持ちの切り替えができなかったり、2017年の紅白歌合戦では過呼吸のような症状でパフォーマンス中に倒れそうになってしまうなどの出来事も、アイドルの枠を超えたアイドルというイメージを強めることになります。

彼女自身も「大人がきらい」と発言していたり、めちゃくちゃ凄いパフォーマンスを見せたと思ったら、気持ちがのらない時(?)はうって変わって低調なパフォーマンスになってしまうなど、良くも悪くも「一筋縄ではいかない」イメージがあり、それがまた大きな魅力になっていることも確かです。

そういった彼女自身の個性と映画の鮎喰響が持つ、媚びない、屈しない、信念の人間、そういったイメージとがあまりにもピッタリ合致していています。

(本当にハマり役!としか言えない!!

平手友梨奈さんが大人たちを惹きつける理由

(ここからは個人的見解です)

平手さんは1stシングルからグループの中心的存在として活躍している訳ですが、なぜ最初から彼女がセンターになったのでしょうか?

それは「ガラスのような繊細さ」「頑固なまでの芯の強さ」、そして「心を許した時の人懐っこさ」にあるのではないかと思います。

センターにするのは、レコード会社やプロデューサー(秋元康さん)などの大人たちです。活動する中でファンの応援に後押しされてセンターになる場合もありますが、少なくとも最初は大人が選んでセンターを決めるわけです。

ということは、大人に気に入られる何かを彼女が持っているということ。

そう言われると、この映画・響の月川監督も「ちょっと媚びすぎ??」という位に平手さんのことを気に入っている様子がインタビューの発言などから伺えます。

実際に仕事をするまでは、欅坂46でのイメージから「大丈夫かな?」と腫れ物を触るような感じだったらしいですが、今では「無性に平手友梨奈に会いたくなる日がある いい作品ができると平手に会いたくなる」とちょっと気持ち悪い発言(笑)までしています。

またプロデューサーの秋元康さんも「ラインをよくしてる」「いい曲があると平手に聞かせる」などとゾッコンな様子の発言をしています。

(完全に「大人たちを支配」しちゃってますね!?

なぜ平手さんは一緒に仕事をした大人を虜にしてしまうのか?、それはきっと映画の鮎喰響のように媚びない、屈しない人だからなのかな、と思います。

子どもの頃に媚びずに生きたかったけどそうなれなかった憧れ、もしくは大人になって自分を曲げることを覚えてしまったけど本当は彼女のように生きたいという叶わぬ希望を、クリエイターなら誰しも潜在的に持っているはずです。

(クリエイターはだいたい厨二病ですからね・・・

そんなクリエイターの大人たちが、自らの憧れと叶わぬ希望を平手さんにのせて託しているのではないでしょうか。

(私自身が平手さんから何故か目が離せない理由もこれと似た所にあります・・・そんな私も厨二病

そしてこの構図、ぶっちゃけ気持ち悪さも感じます。

少し意地悪な言い方をすると、

ガラスのように繊細で不器用なまでに芯を曲げない彼女に認めてもらうことによって、「俺もまだ捨てたもんじゃない」「若者の感性が残っている」のだと感じたいのではないでしょうか。

若者が、若者のアイコンたる彼女の生き様に気持ちをライドさせるのは当たり前のことですが、彼女を演出する側の人間がそれをインタビューなどで見せてしまうのは正直気持ち悪い・・・

(ということは、これを書いている私も気持ち悪さ全開なわけですが・・・まぁ認めます^^

さらに北川景子さんなどの共演者とのやりとりを見ていると、平手さんは心を開くと一気に距離を縮めてくる人懐っこさがあるように見えます。

心を閉ざしがちな少女というパブリックイメージもあいまって、そんな彼女が本音で接してきたら「俺だけには心開いてる!?」と勘違いしちゃいますよね。

こうなるともうパーフェクトなおっさんキラー!
真っ白なものは汚したくなるみたいな、そういう何かがあるんでしょうね・・・

(平手さんファンの方は勘違いして欲しくないのですが、決してディスってるわけではありませんよ!私もファンです!

という感じで、平手さんが大人を惹きつける理由は「ガラスのような繊細さ」「頑固なまでの芯の強さ」「心を許した時の人懐っこさ」にあり!

そして一言では言い表せない魅力は、秋元康さんの言葉を借りるならば「深読みさせる力」

これこそ、平手さんの最大の魅力であり、スター性なのだと思います。

まとめ

ということで、平手友梨奈さんの魅力を語ってきましたが最後に一つだけ言いたいことは、

「平手さんを持ち上げ神格化するほど本人は消耗するわけで、周りの大人たちは長い目で大切に扱って欲しいな」ということ。

もし彼女がこれから大人になるにつれて若さ特有の尖りが消えてしまったとしても、表現者として大事に育てて欲しいなと。

今持っているオーラのせいで良くも悪くもブーストかかってるけど、たとえそれが無かったとしても平手さんは身体能力や目さばき・手さばきなど、表現者としての持っているポテンシャルがすごく高いと思います。

だからこそ現在のイメージの檻に無理にはめようとせず、色んなチャレンジをする姿を見てみたいし、成長に応じた表現の変化を見せてくれることを期待してしまいます。

今後、高校生ではなくなった鮎喰響はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

同様に今後、大人になっていく平手友梨奈さんからも目が離せそうにありません!

以上、おるかでした。

●あわせて読みたい記事

ドラマ「残酷な観客達」を考察してみよう。欅坂46

ドラマ「残酷な観客達」を考察してみよう。欅坂46

2017.12.03

●今ならマンガ「響」が、無料で読める!

スポンサーリンク
スポンサーリンク