NEO公式ウォレット「NEONウォレット」の使い方

第2のイーサリアムとして話題の仮想通貨NEO(ネオ)。

本記事ではNEOの公式ウォレットである

「NEONウォレット」のインストール方法から使い方を解説します。

NEOについての解説は「【2018年】これから儲かる仮想通貨「NEO」の買い方と今後の予想」をご覧くださいね。

【2018年】これから儲かる仮想通貨「NEO」の買い方と今後の予想

2017.12.31

NEONウォレットの作り方

NEONウォレットをインストールしよう

NEONウォレットは下記のサイトからダウンロードできます。

NEON wallet

NEON walletをクリックして、ダウンロードサイトにいきます。

Windows版、Mac版などに対応しています。
使用している端末に対応したものを選び「Download」をクリックします。

ダウンロードしたファイルをクリックして、インストールします。

NEONウォレットの登録方法

インストールが完了したらNEONウォレットを開きます。

新規のウォレットを作成するので赤枠の「Create a new wallet」をクリックします。

パスフレーズ(パスワード)の入力を求められるので、任意のパスフレーズを入力して「Generate keys」をクリックします。

次の画面で「Passphrase」「Public Address」「Encrypted key」「Private Key」が表示されるので必ずメモしておきましょう。

メモしたら、「Name this key」に任意の名前を入力して「Save Key」をクリックします。

「Passphrase」・・・自分で入力した任意のパスワード
「Public Address」・・・入金アドレス
「Encrypted key」・・・暗号化されたキー
「Private Key」・・・プライベートキー。いわゆる秘密鍵

 

NEONウォレットの使い方

NEONウォレットのログイン方法

NEONウォレットのホーム画面に戻り、ログインしてみましょう。

ログイン方法は何種類かあります。
※いずれも先ほどメモした「Passphrase」「Public Address」「Encrypted key」「Private Key」が必要となります。

ここでは「Private Key」秘密鍵を使用してログインしてみます。

赤枠の「Login using a private key」をクリックします。

「Private Key」秘密鍵を入力して「Login」をクリックします。

すると次のような画面が出ます。

これでウォレットの作成完了です!

NEONウォレットの使い方

入金方法

入金時は、NEONウォレットに表示されている赤枠のアドレスをコピーして、取引所などから送金します。

(ICOやエアドロップで自分の入金アドレスを求められた時などにもこちらのアドレスを使います)

送金方法

送金時は、まず「Send」ボタンをクリックします。

次に、「送金先のアドレス」と「送金したいNEOの数量」を入力して「Send Asset」をクリックします。

※緑の「Neo」というボタンをクリックすると「Gas」と切り替えができます。GASを送金したい時は緑のボタンが「Gas」になっていることを確認して送金しましょう。

GASをもらう方法

NEOは保有しているだけで、その時間と数量に応じてGASというトークンが付与されます!

なんと年利6〜7%にもなります(2017.11月)

画面の「Claim ・・・ GAS」をクリックすると、もらうことができます。(「・・・」の部分は、もらえるGASの数量です。数時間おきに増えます)

GASはBinance(バイナンス)などの取引所で売買も可能です。

【関連記事】
>>>「仮想通貨の手数料が高いと思ったら「Binance(バイナンス)」に登録しよう

定期的にチェックして、GASを貯めましょう。

まとめ

以上、NEONウォレットのインストール〜登録方法、使い方の説明でした。

仮想通貨は取引所に預けっぱなしにするのではなく、セキュリティ面を考えてウォレットに保管しましょう。

またNEOベースのICOに参加する時には、NEOのトークンを取得できるウォレットが必要になります。

※ウォレットは最新版を確認してダウンロードしてくださいね。

以上、おるかでした!

【おすすめの仮想通貨取引所】

>>>「Bit Trade(ビットトレード)
リップルXRP、イーサリアムETHが板取引できる(金融庁登録・認可済み業者)

知名度は低いけど安心で手数料が安い取引所を知りたい方は「「BitTrade(ビットトレード)」の評判と登録方法」をご覧くださいね。

リップルが買える取引所「BitTrade(ビットトレード)」の評判と登録方法

2018.02.05

>>>「Zaif(ザイフ)
→手数料が安い国内取引所、トークンやモナコインも買える(金融庁登録・認可済み業者)

「Zaif(ザイフ)」の評判とメリット・デメリット、使い方について

2018.02.07

>>>必ず登録しておきたい海外取引所「Binance」
→売買手数料激安、取扱通貨 約100種類、本人確認なしで即取引可

仮想通貨の手数料が高いと思ったら「Binance(バイナンス)」に登録しよう

2018.01.03

>>>簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
→操作簡単で分かりやすい初心者向け国内取引所

コインチェックの評判と登録方法〜手数料、セキュリティは大丈夫か?~

2018.01.11

【これから儲かる仮想通貨】

昨年、仮想通貨の高騰に乗り遅れてしまった方へ
短期で100倍!? 仮想通貨「XP」の買い方と将来性
イーサリアムの検証企画やってます!
仮想通貨イーサリアムを3年放置したら儲かるのか?:11ヶ月目
流行のシェアリング&モバイルコイン
仮想通貨「QLC(Qlink)」の特徴と買い方、今後の将来性

NEOをハードウエアウォレットで保管する

NEOはハードウェアウォレット「Ledger Nano S」にも対応しています。

Ledger Nano Sを購入する場合は、日本の正規販売店を利用しましょう。

※Amazonでレビューを見る

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。