コインチェックの評判と登録方法〜手数料、セキュリティは大丈夫か?~

 

これから仮想通貨を始めようと思っている方へ

仮想通貨を購入するには取引所に口座を開設する必要があります。

銀行や証券会社と同じように、仮想通貨取引所は何社もありますので迷っている方もいるのではないでしょうか。(わたしも最初はどうしたらよいか迷いました)

本記事では、国内大手の仮想通貨取引所「Coin check(コインチェック)」の評判と登録方法について分かりやすく画像入りで解説します。

また仮想通貨を始めるにあたり気になる点、手数料や安全面についても説明しています。

どの取引所に登録すべきか悩んでいる方は、ぜひご覧いただければと思います。

先に登録方法を知りたいという方は「コインチェックの登録方法〜解説〜」をご覧ください 

追記:コインチェックでは残念ながら2018年1月不正流出が起きてしまいました。今後の改善を期待しています。元々利用者が多くサービスは圧倒的に使いやすかったので、セキュリティ問題が改善され より安心できる取引所になって欲しいと思います。

コインチェックに代わる取引所を知りたい方は「リップルが買える取引所「BitTrade(ビットトレード)」の評判と登録方法」をご覧くださいね。高セキュリティ体制と手数料の安さが魅力の金融庁認可済み仮想通貨取引所です。

スポンサーリンク

コインチェックの評判、おすすめポイント

Coin check(コインチェック)」は国内大手の仮想通貨取引所です。

最近、出川哲朗さんのCMで知ったという方も多いのではないでしょうか。

まずコインチェックとはどんな取引所なのか、簡単に特徴をご覧ください。

・画面が見やすく操作も簡単で扱いやすい
・スマホがあればOK、ネットで登録も取引も可能(もちろん無料)
・取引高と利用者数が国内1位の大手だから安心
・100万円までの不正ログイン補償がある

・仮想通貨の種類が多い(13種類)2018.1現在

という特徴があります。

おすすめポイント① 抜群の使いやすさ

仮想通貨取引所の選択ポイントはいくつかありますが、初めての方に一番大切なのは「使いやすさ」と「安心」だと思います。

その点コインチェックは抜群の使いやすさです。アプリもシンプルで分かりやすい!

また仮想通貨ビットコインの取引高とアプリ利用者数は国内でNo.1という大手の安心感があります。

「使いやすさ」という点に関しては、わたし自身も約1年使っていてすごく実感しています。

おすすめポイント② 儲けるチャンスが多い

仮想通貨の購入を考えているからには、当然儲けたいですよね。

その点コインチェックの特徴である「買える仮想通貨の種類が多い」というのは儲ける際に大事なポイントになります。

コインチェックの取り扱い通貨数は13種類あります。

もしかしたら選択肢が多いと何を買えばいいか分からない・・・という方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

取引所によって、買えるコインと買えないコインがあり、当然選択肢が多いほど儲けるチャンスも増えるからです。(仮想通貨は玉石混合でダメなコインもありますが、コインチェックで取り扱っているコインは厳選されています)

仮想通貨で「損しない投資法」 4つの条件 ~儲からない理由教えます~

2018.02.04

わたしは仮想通貨を始めた当初、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)くらいしか知らず、取引所も何となく・・・という理由でコインチェックに登録しました。

そして最初はビットコインとイーサリアムを買ったのですが、利益が出ると他のコインも買ってみようかなと思い、これまた何となくリップル(XRP)を購入

そのリップルは今となっては10倍に!
(イーサリアムの値上がりは割と確信を持って買ったのですが、リップルはただのラッキーでした。。。今振り返ると偶然ではあったものの本当にコインチェックに登録しておいて良かったなと思います)

最初はどの仮想通貨が値上がりするかなんて分からないと思いますが、経験を積んでいざ「このコインを買いたい」と思った時に、取り扱いがない・・・というのは痛いです(機会ロス)。

またトレードに慣れてきて、海外の取引所でもっと違うコインを買ってみたいと思った時、送金の早いライトコインLTCを扱っているコインチェックに口座があると有利です。(ビットコインだと送金詰まりで買いたいと思った時にすぐ買えないことがあります)

だから、取引所は複数登録しておくのが鉄則なのですが、まず1つ登録しておくなら種類が豊富なコインチェックがおすすめというわけです。

おすすめポイント③ 登録(本人確認)が早い

どこの取引所でも口座開設から取引開始まではざっくり
「登録」→「本人確認」→「入金」→「売買」という流れになります。

つまり本人確認書類を提出しないと取引を始められません。早く買いたいのに、なかなか買えない・・・ということも。

その点、コインチェックの登録確認は早い部類に入ります。

追記:ただし最近はTVCMやニュースの影響で登録者が殺到しており、どの取引所でも本人確認が遅れているようですので、登録だけでもお早めに。その中でもコインチェックは早い方かと思います。

さらにコインチェックなら、わざわざ本人確認書類で郵送する必要はなく、ネット上で提出して、確認メールが返信されれば、とりあえず入金とコインの売買ができるようになります。
※全ての機能を利用するためにはコインチェックから送られてくる書留郵便ハガキを受け取る必要があります

まとめると「本人確認書類の提出が簡単で、早く取引を始められる」ということ。

取引開始が遅くなるほど値上がりのチャンスを逃してしまうことになるかもしれませんので

仮想通貨を始めたいという方は、まず何はなくとも、とりあえずアカウント登録だけはしておくことがポイントです。

コインチェックの登録方法〜解説〜

(登録はほんの数分で終わります)

まずコインチェックの公式ページを開きます。
ちなみに登録も取引もスマホからでも可能です。

 >>>Coin check公式ページ

1)下記画面がトップページになります。赤枠に「メールアドレス」と「パスワード」を入力して「登録する」をクリックします。

ちなみにスマホ画面はこちら。
右上の「新規登録▼」を押して「取引アカウント」をクリックします。

  

新規登録画面になるのでメールアドレス・パスワードを入力して「アカウントを新規作成する」をクリックします。

2)するとコインチェックから確認メールが送られてきます。

メール内の認証リンクのアドレスをクリックすれば登録完了です!

3)再度トップページからログインをします。
まず緑の「本人確認書類の提出」を押します。
続いて電話番号認証画面になりますので、携帯電話番号を入力して水色の「SMSを送信する」をクリックします。

  

4)携帯のSMSに6桁の認証コードが送られてくるので、コインチェックの画面から入力して認証ボタンをクリックします。

5)続いて、各種重要事項にチェックマークを入れて同意ボタンをクリックします。

6)住所、生年月日などを入力します。

7)本人確認書類提出画面から「本人確認書類を持っている自分の写真」と「本人確認書類」の画像をアップロードします。

本人確認書類は、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カードなどが使えます。
※詳しくは「本人確認に必要な提出書類について

●「本人確認書類を持っている自分の写真」はこんな感じ!

●「本人確認書類」自体も写真に撮ってアップロードします。
※どちらもパソコンおよびスマホのコインチェックのページから送ることができます

8)両方アップロードしたら「本人確認書類を提出する」をクリックします。

以上で完了です!

「本人確認の提出」まで終わらせると、コインチェックからメールが届きますので、日本円の入金とコインの売買が可能になります。
※通常当日〜翌日には届きますが数日かかることもあるようです
※全ての機能を利用するためには、コインチェックから送られてくる書留郵便ハガキを受け取る必要があります

あとは日本円を入金すればコインを購入できます!
(入金方法は銀行振込・コンビニ入金・クイック入金に対応しています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェックの手数料とセキュリティについて

コインチェックの手数料

コインチェックの手数料(スプレッド)については、正直なところあまり安くはありません。

しかし10万円程度の小額投資なら、手数料の高い安いはそれほど気にならないと思います(手数料以上に価格の高低が激しいため)。

ちなみに手数料の安さを求めるなら、国内なら「Zaif(ザイフ)」と「Bit Trade(ビットトレード)」という取引所にも登録しておくことをおすすめします。(金融庁登録済み業者です)

※手数料の考え方については、取引手数料と販売手数料の2種類あります
どういうこと?と思った方は「仮想通貨「取引所」と「販売所」の違い/取引手数料と販売手数料の違い」をご覧くださいね

いずれにしろ仮想通貨投資では、取引所は複数登録しておくのが鉄則です。(もちろんトレードに慣れてきたらでも大丈夫ですが、最近は本当に早く買ったもの勝ちの状態なので、登録だけもしておいた方が○)

個人的にはコインチェックの他に、海外取引所も含めた下記の中から2つ登録しておくことをお勧めしています。(バイナンスとクーコインは海外取引所とはいっても日本語対応です。解説記事もございます)

>>>Zaif(ザイフ)

>>>Bit Trade(ビットトレード)

>>>Binance(バイナンス)

リップルが買える取引所「BitTrade(ビットトレード)」の評判と登録方法

2018.02.05

「Zaif(ザイフ)」の評判とメリット・デメリット、使い方について

2018.02.07

仮想通貨の手数料が高いと思ったら「Binance(バイナンス)」に登録しよう

2018.01.03

↑興味のある方は合わせてどうぞ。

セキュリティについて

仮想通貨についてほとんど知らない・・・という方にとって、最も心配なのは安全性やセキュリティだと思います。

わたしが初めて口座開設した2016年末当時は今以上に、仮想通貨は怪しいという声も多く、実際に口座を作るだけでも勇気が入りました(笑)

正直なところ、ハッキングされて通貨がなくなるというリスクはゼロではなく、それは仮想通貨投資をする限りどこの取引所でも同じです。

補償面では下記のようなサービスを開始しています。

(保証内容)
・補償対象は「Coincheck」に不正ログインされたことによってユーザーが被る「なりすまし」の損害
・保証金額は1回あたり最大100万円
・二段階認証を設定しているアカウントが対象

>>>「国内初、ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失」を最大100万円まで補償。取引所Coincheckにおける「なりすまし」補償を開始

追記
2018.1.26 外部からの不正アクセスで約580億円分のNEMが流出するという事案が発生。
上記の補償は規定からいくと対象外ということになりそうです・・・
今後の対応を注視する必要がありそうです。

コインチェックに代わる取引所を知りたい方は「リップルが買える取引所「BitTrade(ビットトレード)」の評判と登録方法」をご覧くださいね。高セキュリティ体制と手数料の安さが魅力の金融庁認可済み仮想通貨取引所です。

また仮想通貨取引所は、銀行と異なり資産の保全のための供託が義務化されいないため、盗難にあっても自己責任ということになってしまいます。
※コインを取引所に預けっぱなしにするのではなく、ウォレットに保管するなどの対策が必要です

●正規販売代理店から購入したい方はこちらからどうぞ

ただし、これだけ仮想通貨の認知度が高まっていますので、取引所側にも消費者保護の観点から更なるセキュリティ向上、補償を含むサービスの改善を期待したいところです。

あとiPhoneアプリ版を使う方なら、ログインに指紋認証機能がありますよ。

二段階認証は絶対!

セキュリティを高めるため、少し面倒ですが「二段階認証」は必ず設定しておきましょう。
※設定していないと補償も対象外となってしまいます

1)まず赤枠の「設定」を押して、「二段階認証」をクリックします。

2)すると次のような画面になるので、水色の「設定する」をクリックします。

するとQRコードと認証キーが表示された画面になります。

3)「Google Authenticator」というアプリでQRコードを読み込みます。(もしくは手動で16桁のキーを入力。このキーは必ずメモをとっておきましょう)

4)
Google AuthenticatorにCoincheckの認証コードが生成されるので、その数字を入力して水色の「設定する」をクリックすればOKです。

Google Authenticatorは下記よりダウンロードできます。

Google 認証システム
Google 認証システム
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

まとめ:はじめての取引所はコインチェックがおすすめ!

繰り返しになってしまいますが、、、

仮想通貨取引所の選択ポイントはいくつかある中で、初めての方にとって一番大切なのは「使いやすさ」だと思います。

慣れないうちは、操作方法が複雑で分かりずらいのは嫌ですよね。

その点コインチェックは、間違えて違う操作をしてしまったら・・・という心配もありません。

コインチェックのメリットまとめ
・画面が見やすく操作も簡単で扱いやすい

・スマホがあればOK、ネットで登録も取引も可能(もちろん無料)
・取引高と利用者数が国内1位の大手だから安心
・100万円までの不正ログイン補償がある

・仮想通貨の種類が多い(13種類)2018.1現在

アプリで気軽に仮想通貨トレードができるのもポイントです。

まずは試しに登録して、仮想通貨投資を始めてみましょう。

以上、おるかでした!

【公式サイト】
 Coin check(コインチェック)

【おすすめの仮想通貨取引所】

>>>「Zaif(ザイフ)」
→金融庁登録済み!手数料が安い国内取引所。定期積立てで確実に資産を増やせる

「Zaif(ザイフ)」の評判とメリット・デメリット、使い方について

2018.02.07

>>>「Bit Trade(ビットトレード)」
→高いセキュリティ体制と手数料の安さが魅力の金融庁認可済み国内取引所

リップルが買える取引所「BitTrade(ビットトレード)」の評判と登録方法

2018.02.05

>>>これから儲かる仮想通貨がたくさんの海外取引所「Binance」
→手数料最安の0.05%、日本語対応、取扱通貨 約100種類、本人確認なしで即取引可

仮想通貨の手数料が高いと思ったら「Binance(バイナンス)」に登録しよう

2018.01.03

(海外取引所は不安?なんて方は登録方法などの解説をどうぞ)

●「仮想通貨の手数料が高いと思ったら「Binance(バイナンス)」に登録しよう

関連記事

昨年、仮想通貨の高騰に乗り遅れてしまった方へ
【2018年】これから儲かる仮想通貨「NEO」の買い方と今後の予想
半年以内に暴騰するかもしれないコインの紹介
短期で100倍!? 仮想通貨「XP」の買い方と将来性
流行のシェアリング&モバイルコイン
仮想通貨「QLC(Qlink)」の特徴と買い方、今後の将来性

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク