仮想通貨はもう儲からない?いくらまで上がるのか?〜その買い時と潮時〜

~これから仮想通貨を始めようと思っている方へ~

「仮想通貨バブルは終わった」

「仮想通貨は、もう儲からない」

最近、そんな声を多く聞くようになりました。

本当にビットコインをはじめとした
・仮想通貨はもう儲からないのか?

まだ儲かるとしたら
・いつまで儲かるのか?
・いくらまで上がるのか?

そんなことを考えてみたいと思います。

何度目の暴落か・・・仮想通貨はもう儲からない?

「仮想通貨バブル、弾けちゃったね」

2018年1月16日の大暴落で、そんな声を聞くようになりました。

これから本格的に仮想通貨を買ってみようかな、という方は不安ではないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください。

「仮想通貨はもう儲からない」という言葉、実は毎年繰り返されているんですよね。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶという言葉もあるように
ここで仮想通貨の歴史・価格の推移を振り返ってみたいと思います。

(まず2011年から2014年までの推移です)

2011年の値動き

1BTC=74円だったビットコインは、その年の6月に1,400円まで上昇して海外メディアではバブルだと注目されました。

約20倍の値上がりです。

その後、取引所の安全性問題が懸念され、200円前後まで大暴落
バブルは弾けました。

2012年の値動き

2012年になると、5月頃まで400円前後を推移していましたが、年末にかけてジリジリと上昇。

結局、約1,200円くらいまで値を戻しました。

前年の暴落時の価格から、約6倍の上昇です。

2013年の値動き

キプロスという国が金融危機に見舞われ、銀行が閉鎖するなど法定通貨に対する信用が低下し、一躍ビットコインの人気が上がります。

NHKでも国内大手メディアで初めてビットコインが取り上げられるなど、注目が高まります。

上昇を続けたビットコインは、当時史上最高値の1BTC=約11万円を記録

年初の2,000円から、約50倍に値上がり

(ちなみにこの年、中国政府が金融機関によるビットコイン取引を禁止を発表しています)

2014年の値動き

マウントゴックス事件。
取引所のマウントゴックスから約200億円以上のビットコインが盗まれ、大暴落

10万円を超えていたビットコインは、一気に5万円以上の半値まで下落
仮想通貨は危ないという声で覆い尽くされました。

その後、8万円まで戻すものの年末には4万円という価格で落ち着きます。(ちなみにこの年、国内取引所の「Coincheck(コインチェック)」がビットコインの決済サービスを開始しています)

(次に2015年から直近までの推移です)

2015年の値動き

この年は比較的落ち着いた値動きで推移します。

それでも年初に28,000円だったビットコインは、年末には5万円を超え約2倍に値上がりします。

しかしながら、落ち着いた値動きゆえに、バブルは弾けた、もう以前のような急騰は望めないと言われました。

2016年の値動き

夏頃まで5万円前後をヨコヨコで推移して、すっかりビットコインバブルも過ぎ去ったかと思いきや、年末にかけて2倍に急騰

翌年1月には、1BTC=13万円を超えて、再び史上最高値を更新します。

2017年の値動き

1月に史上最高値をつけ、1BTC=15万円近くまで急騰しますが、その後すぐに8万円近くまで暴落

(ちなみに自分はちょうどこの時期、仮想通貨投資を始めます)

周囲の声を聞きましたが、散々「今から始めても遅い」と言われました。せめて去年から買ってればねーと。

しかしそこから、約25倍の値上がり

皆さんもご存知のように年末までには結局、1BTC=約250万円にまで急騰します。

2018年はどうなる?

そして、1月中旬。
各国の仮想通貨に対する規制の声明を受けて大暴落。1BTC=約140万円まで値下がりします。

そして今、またこの声を聞きます。

「仮想通貨はもう儲からないよ・・・」

さて皆さんは、どう思いますか?

何度目の急騰か・・・仮想通貨はいくらまで上がるのか?

先ほどの2011年から2017年までの推移から、仮想通貨は年単位で急騰と暴落を繰り返していることが分かりました。(青文字が急騰、赤文字が暴落)

ざっくり言うと、10倍に値上がりして、半値まで暴落する

これを繰り返して、結局のところ最高値を更新するというパターンです。いつ買っても結局儲かっているんですよね。

直近の暴落の要因とも言われている各国による規制についても、実は2013年頃から度々声明が出ています。取引所も数々の事件がありました。

ただ一つ言えることは、それらのリスクをもろともせず、値上がりを続けているということです。

もちろん今後のことは誰にも予測できません。

いつもの通り、再び最高値を更新するかもしれませんし、もう二度と更新しないかもしれません。

ただ事実として言えることは、仮想通貨はまだ黎明期だということ。

そして黎明期であるならば、まだまだ成長の余地が存分にある(青天井)だということです。

ただしそれには条件があります。

それは、「今後、仮想通貨が日常のサービスに普及すること」。

実用性のある仮想通貨を利用したサービスが普及して、実需要が高まることです。

そんな未来が来るのであれば、仮想通貨はまだ値上がりする(むしろ始まったばかり)だと思います。

仮想通貨の買い時と潮時

先ほど、今後、仮想通貨が日常のサービスに普及するならば、仮想通貨はまだまだ値上がりする(むしろ始まったばかり)だと言いました。

よって、仮想通貨の買い時は

仮想通貨の可能性を信じるならば
「買い時は常に今」
「潮時は3年後」

だと思っています。

なぜなら

日本の株式市場の時価総額が約700兆円に達したのに対して、仮想通貨市場全体の時価総額はまだ約80兆円ほど。(2018.1現在)
しかも仮想通貨は世界全体でですからね。
そう考えると、日本株の約1割の資金が流れ込んだだけでも約2倍の150兆。世界全体で考えたら8倍くらいはあり得ない数字ではないと思います。
(さらに仮想通貨がこれから実生活で使われるようになること、技術的改善余地も残っていることなどから、10倍はあるんじゃないかと)

>>>「仮想通貨イーサリアムはどこまで上がるのか?ETHの将来性にかけてガチホし続けた結果・・・

もしあなたが仮想通貨が黎明期だという意見に賛成な、日本やアメリカの戦後から今までの株式の長期チャートを見ると面白いですよ。(暴落を繰り返しながら、基本的には右肩上がりです)

そして年単位で見るならば、ここ数日、数ヶ月の値動きに一喜一憂する必要はありません。(というよりも、一喜一憂するタイプの方は向いていないかもしれません)

また「潮時は3年後」についても、各国で仮想通貨の規制が始まり、国家間の取引も含めて実際の法整備が整うまでには数年は猶予があると考えるからです。

でも逆に、仮想通貨に可能性が無いと考えるならば、買えば誰でも儲かるとは思わない方がいいでしょう。

まとめ:現状維持か、未来志向に生きるか?

仮想通貨の概念は世界を変えると思います。
そして、そういう世の中が実現したら今より楽しいことが増えるだろうなと思います。

だから、これから仮想通貨投資を始めようという方は次のことを考えてみてください。

仮想通貨が実現する未来や可能性をどう考えますか?

もし可能性があると思うならば、仮想通貨を応援する気持ちで少額で始めてみるのがいいのではないかと思います。

自分もそういう気持ちで、1万円だけ買った仮想通貨が数十倍になりました。

それは決して買った時期が良かったからではなく、当時も今と同じように悲観的な声が多かったのです。

そして今から始める立場だったとしても、同じ決断をすると思います。(実際にいくつかのコインは新たに買っています)

一円も損したくないならば、あえて仮想通貨に投資をする必要はありませんよね。銀行に預金をするか、もっと値動きの小さな投資信託などの選択肢があります。

一発逆転のギャンブルをしたいのなら、宝くじかカジノなどで賭ければいいと思います。(個人的にはそれらのギャンブルより確率的にも仮想通貨の方が可能性はあると思いますが)

そして社会を変える技術、未来を信じそれを応援しようと思うならば、仮想通貨を買ってみればいいと思います。

ちょっと大げさになってしまいましたが、それくらいの想いがないと、仮想通貨の値動きには耐えられませんよ・・・というのが本音。

生粋のギャンブラーなら、この荒い値動きでもきっちり利益を出すことができるんでしょうけどね。(羨ましいけど、ぼくは凡人なのでやれません)

ということで、これから仮想通貨を始める方は、余剰資金で、そのコインを応援するつもりで始めましょう。

買わないと何も起きないけど、買うといいことあるかもよという感じです。

以上、おるかでした!
(もちろん投資は自己責任でお願いしますね)

仮想通貨の始め方

仮想通貨を始めるには、まず取引所に口座開設する必要があります。

取引所に口座を開設して実際に取引を始められるようになるまでには、時間がかかります(数日〜数週間という場合も)。

いざ買いたいと思った時に、すぐ購入できるように先に登録申請だけでもしておきましょう(もちろん無料です)

本サイトでは、仮想通貨取引所の評判や登録方法についても紹介していますので是非ご覧くださいね。

【初心者におすすめの取引所】

>>>「Zaif(ザイフ)」
→金融庁登録・認可済み。手数料が安い国内取引所、定期積立が魅力!

「Zaif(ザイフ)」の評判とメリット・デメリット、使い方について

2018.02.07

>>>「Bit Trade(ビットトレード)
→金融庁登録・認可済み。高セキュリティ体制、人気のリップルXRPも買える国内取引所!

リップルが買える取引所「BitTrade(ビットトレード)」の評判と登録方法

2018.02.05

※取引所は複数登録して、その都度有利なところを使うのが基本です

これから儲かる仮想通貨の紹介

昨年、仮想通貨の高騰に乗り遅れてしまった方へ
【2018年】これから儲かる仮想通貨「NEO」の買い方と今後の予想
半年以内に暴騰するかもしれないコインの紹介
短期で100倍!? 仮想通貨「XP」の買い方と将来性
流行のシェアリング&モバイルコイン
仮想通貨「QLC(Qlink)」の特徴と買い方、今後の将来性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。